赤ら顔や頬の赤みをカバーするメイク方法とは?

赤ら顔メイク下地ランキング

 

赤ら顔をメイクでカバーするには、化粧下地やコントロールカラーの使い方が重要になります。

 

赤み隠しのテクニックをご紹介します。

 

赤ら顔や頬の赤みのメイクの下地は、紫外線が強い刺激となってしまわないよう、日焼け止め効果があるものを選びましょう。

 

肌に凸凹があるときはなめらかにしてくれるタイプのメイク下地、脂性肌には過剰は皮脂を吸収してくれるパウダー配合のメイク下地がオススメです。

 

塗るときにはくれぐれのお肌を刺激しないよう、やさしく押える感じで塗りましょう。

 

赤ら顔の赤みを消すためにメイク下地を塗った後は、コントロールカラーで補色を使うことをオススメします。

 

コントロールカラーとしてグリーンかイエロー系を選ぶといいです。

 

 

また、コントロールカラーが苦手という方は、メイク下地を塗った後、イエロー系のファンデーションを塗ってしまうメイク方法もあります。

 

そして仕上げに、青系のフェイスパウダーを載せると完璧です。

 

なお、ファンデーションはカバー力の高いものを使用しましょう。

 

一度に厚塗りせず、薄く数回に分けて塗るとうまくいきます。

 

ファンデ―ションの色も自分の肌色より黄みの強いオークル系をオススメ!

 

ただし、あまり濃すぎると肌から浮いてしまうので注意してください。

 

 

あとは思い切って、アイシャドウやチークをしましょう。

 

赤いチークでカモフラージュしてしまうのもいいかもしれませんね。

 

赤ら顔のメイク方法は、ベースメイクの段階でしっかりとカバーできるメーキャップ化粧品を選ぶことが重要ですね。

 

自分に合った赤ら顔のメイク方法で、メイクを楽しんでくださいね。

 

>> 赤ら顔の化粧品の下地ランキングに戻る